ボバッパ!!
『フランク・フリップ』の姉妹版ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『Apostrophe』 Frank Zappa
Apostrophe.jpg
タイトル:Apostrophe
アーティスト:Frank Zappa
オリジナル盤発売年:1974
ジャンル:ロック

前作の『Over-nite Sensation』とほぼ同時期、同メンバーで作られたこの作品は、ザッパ史上最も売れたアルバムだそうだが、ザッパの顔面ドアップのジャケットと同様、その中身も非常にクールだ。
歌詞の内容を考えなければ、ザッパ史上最も格好良く渋い音作りのアルバムのようにも思う。
ザッパのボーカルはいつになく二枚目的だし、ギターソロはどれもシリアスだ。
格好良く、知的にアホな歌を唄う、そのギャップがザッパの楽しさのひとつだが、私のように英語の歌詞が全然頭に入ってこない人間にとっては、このアルバムはただただクールに聴こえる。
大ヒットしたというには、このアルバムの音楽はとても複雑で、ザッパ・フリークでもない一般のリスナーが楽しんで聴くには敷き居が高そうな気がするのだが、そこはアホな歌詞がハードルを下げる手伝いをしているのかも知れない。

タイトル曲の『Apostrophe』はアルバム中、唯一のインストゥルメンタルだが、この格好良さこそが私の本当に求めるザッパ音楽で、こんな演奏ばかりをやってくれていたら、変態だの難解だのと言われずに済んだのだろうに、とは思う。
だが、そうなればさらに売り上げは上がらなかったかも知れないし、くだらないこと好きのザッパからすれば、彼の多面性を直接的に歌詞で表現する欲求もあったのだろうから、そこはやっぱり納得してやっていた方向性ではあったのだろう。
ジョージ・デュークとの共作である『Uncle Remus』も実に名曲だと思うが、ザッパには珍しいほどの叙情性はジョージ・デュークのおかげであろうか。
彼氏の足が臭い、というアホ歌であるところの『Stink Foot』だって、音だけ聴いてりゃこれは実に名曲で、ギター・ソロの泣き具合なんてそりゃもうほんとに泣かされそうなぐらいだ。
しかし、歌詞は「足が臭い」で、格好良い曲と下らない歌詞のギャップが激しければ激しいほど、ザッパの喜びも増したに違いない。

やっぱりこれも、名盤ですな。


 
コメント
この記事へのコメント
ザッパゆきて音を残す
これは、これは、さすがに
「ボブ+ザッパ」のブログと冠するだけあって、
ザッパ三連発!!!ですね。

奇しくも?ザッパ・アーカイブスの季節?
なのかはわかりませんが、
雑誌「ストレンジ・デイズ」の新刊にも
ザッパのボックス・セット及び
DVDに関する記事が2箇所書かれています。

ザッパに関するコメントや宣伝告知は
やっぱり誰の文章を読んでも
「濃い!」「詳しい!」「気合いが違う!」
の3Kだと思います。

まったくザッパを知らないヒトが
ザッパを評するコメントを初めて読んだら
普通のレヴューじゃない、
異様なものを感じるのかもしれない・・・
新鮮な興味を持ってくれるか、あるいは
違和感を感じて右から左へ受け流すか、
(ケナしてるわけじゃないです)
ザッパ・ファンはとにかく、
骨まで愛しちゃってる(古い表現でした)
ことはよ~く文章に出てますよ。
2007/09/11 (火) 19:40:32 | URL | ハージェスト #sj93pB3o[ 編集]
成り行き上です
ザッパ関連記事には反応が薄いことは重々承知なんですが、DVDの流れから、この二枚のアルバムは一緒に紹介しといた方がまとまりがいいなあ、と思った次第です。
ザッパ解説といえば大山甲日さんで、かつてモーレツ掲示板にいらっしゃって、しばらく長大な対話をさせて頂いたこともありましたが、あちらの解説にも賛否好き嫌いははっきりあるようですね。
まあ、普通の解説とは違います、確かに。
ザッパの場合、好きじゃない人にはチンプンカンプン、なにがいいんだか、ですが、好きな人はとことん好き、どんどん好きになっていくっていうのがパターンなので、そりゃあ、好きの度合いが違いますもんね。
分かる奴だけわかりゃいい、という選民思想的な意識が、一般向けじゃないこだわり記事を書かせちゃう所以でしょうか。
2007/09/11 (火) 20:19:08 | URL | こぶし #y3sTIg1w[ 編集]
Don't eat the yellow snow
 久方ぶりにジャック。ブルースが聴けるという嬉しいおまけもあってリリース直後にすかさず買い込んだレコードです。

 オープニングナンバーなどはアホ歌の嚆矢だと思っていますが、北国生まれの北国育ちで北国暮らしでもある私などは初めて本作を聴いて以来もう30数年、真冬に屋外で立ち小便をする度に本作を思い出します。お下劣な話題で失礼いたしましたっ!
2007/09/17 (月) 22:39:57 | URL | shim47 #mU9zbjgk[ 編集]
勉強になりました
嚆矢(こうし)とはなにかなと調べたら、鏑矢(かぶらや)転じて、ことの始まりですか。
なるほど。
まだまだ知らない言葉がいっぱいなんですよねえ。
昔、白い雪の上を黄色く汚しましたね。
白い雪はちょっとぐらい食べたことはあると思いますが、黄色い雪の意味ぐらいは子供でもわかるでしょうから、なかなか食べやしないとは思いますがね。
2007/09/18 (火) 00:56:39 | URL | こぶし #y3sTIg1w[ 編集]
Mike Keneally Live In Tokyo
突然の書き込みすみません。Mike Keneallyの来日公演が決定! 2008.02.01原宿アストロホールにて
開場:18:30開演:19:00 (ローソンチケット L:36963 より発売)
前売り¥6,500当日¥7,000(全席自由)
問合せ 03-3402-3089

2007/12/28 (金) 00:55:04 | URL | Bove #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ヒューグランドとジュリアロバーツの『ノッティングヒルの恋人』のサントラ盤ですが、音楽が本当に良かったので買い求めました。最後に流れるコステロのSHEはシャルルアズナブールの作った曲だと最近知りました。お勧めはビルウィンターズ消え行く太陽、シャイアトウエ...
2007/10/19(金) 14:27:12 | ロックの1日
copyright © 2005 ボバッパ!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。